読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラ大学生の日常

大学生の日常。

初一人ラーメン

この間、初めて一人でラーメンを食べた。

一人で飯屋に入るということは僕の中ではハードルが高い方である。なので今回は小さな一大決心。もちろん、ファーストフードなら一人でも全然行くことができる(おしゃれな感じがするのを除く)。

 

しかし、それ以上となると行ったことがなく、その中でも一番ハードルの低いであろうラーメン屋に挑戦した。ラーメン屋ならカウンターもあるし、一人のイメージもある。

 

早速ラーメン屋に入る、と思いきやラーメン屋の周りを3周した。どうして店の周りを回ったのか。それは入れそうなタイミングを待っていたから。

 

客がいないと入りづらいし、人が入っていくところの後ろについて、その流れで店に入ろうと思っていたのである。1回目は客がいないからダメ、2回目は客はいたけど2人しかいなくて店内が静かそうだったからダメ、3回目でようやく店内にまばらに客がいて券売機にも一人買っている人がいた。そして、その人の後ろに並んでようやく入店することができた。


店内に入ると「いらっしゃぁぁぁああいい!!!」「何名様ですかぁぁぁぁああ!!」と店内に響き渡るような大きい声がした。僕は驚いて、胸の前で小さく「1」と合図を出した。「お好きなカウンターへどうぞぉ!!」。さっきよりは小さめだがかなり大きい声。席に着き、食券を渡し、麺のかたさなどのカスタマイズの注文をして水を飲み、やっと落ち着いた。

 

でできたラーメンを一人黙々と食べる。まるで部活動をしているかのような店員達を見ながら黙々と。食べ終わると「ごちそうさま」といつもよりも2.5倍くらいの声を出して店を出た。

緊張しながら食べたラーメンは奇しくも美味しかった。